ビールを飲めない若者増、甘いビールならOK?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080807-00000001-dol-bus_all
ビールを飲めない若者増、甘いビールならOK?

ビールといえば、あの苦味でしょ。
苦味あってのビール。それが、甘いビールって。。。
それって、ビールって言えるの?
この記事の内容を読む限りは、炭酸飲料と変わらないような感じがしますが、どうでしょうか?
時代が変われば、味覚も変わる?
不思議な若者の生態(?)が、また一つ分かったようで、興味津々です。
って、こう言う私は、若者ではないってこと!?orz

以下は、yahoo!のリサーチです。
やはり、増えていくようです^^;

こちらが、その「スイーツビール」の一例です。

「スイーツビール」

「甘いビール」の需要は増えると思う?ビールの苦味が苦手という若者の間で「甘いビール」への関心が高まっているそう。今後、「甘いビール」の需要は増えると思う?
(実施期間:2008年8月7日〜2008年8月17日)


ビールを飲めない若者が増える中、甘いビールが増えている
8月7日12時21分配信 ダイヤモンド・オンライン
 まずはキンキンに冷やしたビールを一杯! これが夏の風物詩――だったはずだが最近のビールの傾向をみるかぎり、そうはいえないようだ。
 まず、ビールが苦手という若者が増えている。酒席での最初の一杯もチューハイやカクテルで、となる。なぜビールが苦手なのかといえば、最も多い理由が「苦いから」らしい。では苦くないビール、別の味がするビールならば大丈夫なのだろうか?
 レモンやチョコレートなどの味(フレーバー)をつけたビールは以前からあったが、この数年で注目度が高まり「フレーバービール」という呼称もほぼ定着した。ビールをベースとしたカクテルにも関心が寄せられている。
 さらには「スイーツビール」と呼ばれるものまで登場した。例えば神奈川県の地ビール会社、サンクトガーレン(有)は昨年からスイーツビールを売り出している。バニラビーンズの甘い香りの「スイートバニラスタウト」、黒糖を使った「黒糖スイートスタウト」の2種で、いずれも黒ビールである。もともと黒ビールはカラメル感が強く「甘い」と感じられる。日本のビール党の間では好き嫌いが分かれるところだが、甘みとの相性は悪くなさそうだ。
 キリンビールが昨年発売した「一番搾りスタウト」も黒ビール。当初は「香ばしさとコク」を前面に押し出していた。だが、そうしたベーシックな楽しみ方に加え、ここへきて「フローズンスタウト」のレシピをサイト上に公開したのだ。要は黒ビールにガムシロップを加え凍らせたものなのだが、この夏を機に甘くほろ苦い大人のスイーツとして定着するかもしれない。
 これらの「甘いビール」はいずれも、豪快に飲み干すというより、ゆっくりと味わうことに主眼が置かれているようだ。ビール離れの鈍化に貢献することがあっても、夏の風物詩としてのビール復権にはつながらないかもしれない。いささか寂しいことではある。しかし、もともとアルコールへの耐性が強くない日本人にとって、各々が自分のスタイルで「まずは一杯」する傾向が広がることは悪いことではない。(工藤 渉)



posted by 話題 at 17:54 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

若者のビール離れ加速?
Excerpt: 毎日暑い日が続きますが、こんな日は冷たいビールで一杯やりたいものです。 ですが、そんな風習も最近の若者の中では少し違うみたいです。 ビールはあまり飲まないため、甘いビールが発売されているらしい..
Weblog: 女の視点でニュースピックアップ!
Tracked: 2008-08-07 18:30
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。